人物

人物

【雑談】何のために働いてるのかがわからなくなる人へ

自分の理想の介護を追い求め転職をしまくり、混乱する人がいました。その人の話を聞いていると、あまりにも介護への幻想が大きすぎることでした。 私がその人と話し合ったことについて記載します。 幻想が大きすぎるがゆえ 自分の介護...
人物

【考察】転職のリスク

転職をしたいという方は一定数いるかと思います。私も何度か転職してますが、転職することによるメリットもあればデメリットもあります。 今回は転職に対するリスクを考えてみます。 不満が解決されるわけではない 転職を...
人物

【雑談】介護のイメージアップって何?

ツイッターを開設して検索してたまに「介護のイメージアップ」と検索して見かけるんですが、イメージアップってどうやるんでしょうか?そもそも、働いてる身からしてイメージアップは必要なのでしょうか? 3Kと絡めて語っていきます。 3K...
人物

【技術】やり方を教えても伸びない原因

会社に入った方がすぐにできる人とそうでない人がいますが、仕事のやり方をしっかり教えても伸びない人は伸びないです。仕事のやり方は、あくまでもその仕事のマニュアルです。「この通りやってください」と指示しても出来ないのにはその人自身に問題がある...
人物

【考察】退職に迷っている

介護に入ったけど辞めたいなと思っている。でも、やめるのにも踏ん切りがつかない。そんなときは3つのポイントで考えましょう。 仕事の適性を考える そもそも介護に向いているかどうかは分からないです。なので、自分が介護に向いていないと...
人物

【ネタ】モラルが低いと起きる事

もしも、私がモラルやがない人間だったら介護の仕事においてどうなるのかを考えてみます。 働けない 色々とあるでしょうがこんな事をやってみましょう。 利用者の情報を他の利用者に言う誰構わず下ネタを言う異性拒否の利用者の介護を...
人物

【雑談】利用者は情報屋

利用者は時々自分の知らない情報を知っています。職員や別利用者の話に耳をそばだたて、行動を観察して、そしてお気に入りの職員に話をする。これによって、私もある職員と利用者の行動を知り得たのです。 頭を撫でる職員 依存傾向がある一人...
人物

【考察】ついていけない経営者

私にとって経営者は金は出すが口は出さないというのが理想です。しかし、中小企業の経営者だと口も出してきます。そこでいいことを発言してくれればいいのですが、残念ながらそうではありませんでは、介護にとってのついていけない経営者はどんな人なのか。...
人物

【考察】プロという言葉のまやかし

時々、「プロとして」「プロなんだから」と上司や経営者が普通に発言したりSNSでアピールしたりしています。しかし、私からすればいちいち言わないといけないものなのかと考えてます。 なぜ使うのか わざわざ言う理由は基本的に仕事に対し...
人物

【雑談】要求する人たち

講習会や研修会で時々、笑いが滑ると「ここ笑うところですよ」とか、拍手がまばらだと「皆さん盛大な拍手を」と要求する場面があるんですが、正直それが聞いてる側の正直な反応なんですよと言いたい。 人それぞれ 講演するに当たり堅苦しいお...
人物

【考察】指摘・注意をして嫌われる人

よく、リーダーでもない人が注意や指摘をするものの、人によってはが嫌われてるという事があります。なぜ、嫌われるのかを3つ上げてみます。 自分はできていない 一番の理由は自分はできないのに、人に注意する人でしょうか。注意するという...
人物

【考察】ついていきたいリーダーと現実のリーダー

自分が上の立場に立ったら、あのような人になりたい、あの人にはなりたくないという願望があります。実際、立ってみたら意外と大変で理想と現実というのがここでも出てきます。では、ついていきたいリーダーと現実によくいるリーダーとを比較してみましょう...
人物

【雑談】名前を覚える

介護業界にはいったら覚えることがいっぱいです。終いには日々更新される情報もあり、覚えても覚えても「それは古い情報だから!」と その中でも最初に覚えないと仕事にならないのが名前ですが苦労は絶えません。 名前の苦労 職員の名...
人物

【考察】年齢と介護

時々、「自分は○○歳ですが、介護は出来るでしょうか?」というのをみかけます。そして、謳い文句に「やる気はあります!」とほぼ必ず書いてます。私から言えるのは、やる気よりも向上心だと考えます。前職場では70代の男性職員がいましたが、体力的に厳...
人物

【考察】芸能人が植え付ける介護のイメージ

時々芸能人が不祥事を起こしみそぎとして介護で仕事をするのを見かけます。なぜ、介護なのでしょう?ちょっと考えてみます。 きっかけらしきもの 約10数年前ですが酒井法子氏が覚醒剤の所持及び使用事件、その後有罪判決が出ました。その後...
タイトルとURLをコピーしました