仕事

事故

【過去から学ぶ】行き過ぎた教育・指導がもたらした惨事

会社では教育、指導をしながら社員として成長していきます。しかし、その教育、指導が行き過ぎた場合として最悪の惨事をもたらす場合もあります。 「JR福知山線脱線事故」、2005年4月25日に発生したJR西日本の路線で発生した事件で107...
お金

【お金の話】貯める力から始まる

今年、働き方で一番大きく変わったのは「リストラ」でしょう。コロナウィルスのワクチンが出てきたといえど、この流れが翌年になったら終わるのかといえば不透明としか言えません。 従い、まずは自分も対象になる可能性があるとして働いたほうがいい...
人物

【シリーズ】成長できない会社 その3 社長ではなくお山の大将

「組織はリーダーの力量以上に育たない」故・野村克也氏の言葉です。現在の職場でも何を報告してもカリカリしているリーダーだと報告が面倒だなと思い、知ったかぶりな人が管理者になるとこの人では不安だと思い、逆に色んな意見を吸い取りよりよい環境を作...
人物

【シリーズ】成長できない会社 その2 テイカー(TAKER)気質の社長

人のコミュニケーションの成り立ちの一つでGIVE&TAKEという言葉があります。 困っている人を手伝い出来ない部分を手伝ってもらう。会社というか社会では普通に見られる光景です。しかし、一方では貰えるものは貰うものの何も出さない人もい...
人物

【シリーズ】成長できない会社 その1 個人に頼りすぎる

前の会社のことは時たま話していましたが、しっかりと話していたことはありません。5年もいたのですから色々とありました。 入社当時は2つの小規模多機能事業所でしたが、退職時には7つの事業所、福祉用具部門、訪問介護部門とそれな...
仕事

【考察】介護における年齢が高い方の転職

前の会社で一緒に働いていた方と先日会う機会があって、「転職するには年齢が年齢だから」とぼやいていました。その方は50代に差し掛かろうという年齢です。 こと介護において、40代以降の転職はどうなんだろうと考えてみました。 40代...
人物

【仕事】仕事ができない職員の共通事項

最初は出来なくても徐々に慣れて今度は下に教えるというのが一般的ですが、そうはうまく行かない人もいます。最初どころかずっと出来ない人です。 会社では困った人扱いされるような人です。だいたい共通事項があるので3つ紹介します。 挨拶...
ニュース

【雑談】制度はどこへ向かうのか

厚生労働省は来年4月の介護報酬改定で、全ての無資格の介護職員に「認知症介護基礎研修」の受講を義務付ける方針を固めた。 【概要】 介護サービスを担う全ての人に、認知症ケアの“いろは”を身に付けてもらいたい考え。サービスの...
仕事

【考察】勝敗を決めるもの

前回、介護業界で働く人は負け組というものを紹介しました。では、負け組に属する私が清潔におけるこの勝敗はどこから出てきたのか、考察を負け犬の遠吠えを論じてみます。 一番わかり易い勝敗 勝敗で一番わかりやすのはスポーツでし...
仕事

【雑談】この言葉を久々に見る

かれこれ10数年前に、格差社会で勝ち組、負け組という言葉が広まり、今は底辺という言葉が広まりと上流、下流の下流の言葉が段々と差を広めるような言葉に置き換わっている気がします。今回は「老人ホームで働く介護職員って、全員「負け組」の現実に唖然...
ニュース

【ニュース】最低8年はかかる

先日の女性週刊誌で謹慎中の芸能人が介護を勉強中ですという内容が上がり当然批判の的となりました。 内容は「介護福祉士」「ケアマネージャー」の取得を見据えて勉強中ですと。芸能人の禊としての介護は別段で語ってます。 ...
仕事

【雑談】利用者から謝礼を…

先日、利用者から謝礼っと「ありがとうございました」と一文の入った封筒を受け取りリーダーへ報告しました。それなりのいい額が入ってました。底に至る経緯と受け取る意味を考えてみます。 経緯 先日、その方が高熱を出し私が夜勤でした。夜...
仕事

【考察】介護のイメージアップ戦略?

前回の看取りの際に引き合いに出した記事で、若い女性モデルが介護士として出てます。正直、この方でなければいけない理由ってなんだろうとちょっと考えてみました。 介護への人を増やすため? 例えば、学校の募集で若い女性をモ...
人物

【雑談】初の看取りのとき

最近、また話題になってるのですが、モデルで介護士の方が訪室した際に亡くなられており、ショックで別室で2時間泣きじゃくっていたという。 正直、適当に読んでなかったのですがもう一回見直すと、色々と問題ありすぎて嫌だなと。今回は、...
人物

【考察】なぜ内容を省くのは良くないのか?

前回、2つの回で取り組みや根拠をしっかり伝えることは重要であることを伝えました。しかし、この取組や根拠と言った内容を伝えることはもっと重要なことがあります。今回はそれを書いていきます。 相手にも時間はある それは、読み手側にも...
タイトルとURLをコピーしました